英語の勉強にも?ビジネスに役立つ海外ニュースサイトトップテン

     
     

一番の近道は実践すること!

 

AmazonやGoogle等、身近には海外発のサービスが溢れていますよね。
海外メディアを購読すれば、日本国内で翻訳・報道される前の情報をいち早く得ることができます!

今回は、「通常ニュース」や「ビジネス」に関連したニュースサイトをご紹介!

ビジネスに役立つ海外ニュースサイトはこれだ!


第1位 The Wall Street Journal

アメリカの経済新聞The Wall Street JournalのWebサイトです。
ウォール・ストリート・ジャーナルの名称は、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
昨今では世界的な経済新聞の一つであり、世界規模でのビジネスの動向を知る上で重要な要素となっています。

一部抜粋・翻訳されている日本語版もありますよ!

公式サイトはこちら!


第2位 Forbes

こちらもアメリカの経済誌、フォーブスのWebサイトです。
海外におけるビジネス事例や、経営事情等の特集記事が人気を集めています。

こちらも日本語版がありますが、やはり抜粋記事などになってしまうため、購読は海外版をおすすめ致します。

公式サイトはこちら!


第3位 Economist

こちらはイギリスの経済誌、エコノミストのWebサイトです。
経済や国際情勢といった情報を得ることができますね。
イギリスだけでなく、中国など外の様々な国のニュースも見ることができます!

ちなみに当然ですが、こちらはイギリス英語が使用されているので若干の注意が必要かもしれません。

公式サイトはこちら!


第4位 CNN

アメリカのニュース専門放送局、CNNのWebサイトです。
幅広く世界のニュースを取り扱っており、ジャンルについてもエンタメから経済まで、幅広く取り扱っています。
また、360度画像を利用したVR報道も試みているのが特徴です。

公式サイトはこちら!


第5位 BBC

イギリスの放送局、BBCのWebサイトです。
こちらも幅広いジャンルのニュースを取り扱っていて、いろいろな疑問を解消するiWonderのコーナーを読んでいるだけでも楽しめます。

公式サイトはこちら!


第6位 The Muse

こちらは仕事探しやキャリアアップのための情報サイトです。
中でもCareer Adviceの項目は仕事系ハック記事が豊富にあります。

出典元:The Muse{https://www.themuse.com/}

公式サイトはこちら!


第7位 The New York Times

世界的に有名なニューヨークタイムズのWebサイトです。
政治や経済だけでなく、昨今では技術情報も充実しています。

公式サイトはこちら!


第8位 TIME

アメリカの大手週刊誌、タイム誌のWebサイトです。
こちらも経済だけでなく、技術系のニュースも豊富で、一歩踏み込んだ内容が特徴です。

公式サイトはこちら!


第9位 Reuters

有名なロイター通信のWebサイトです。
各国に合わせて記事を配信しているので、情報を収集したい国に合わせてチェックしてみてください。
※環境によってデフォルトの国が変わります

公式サイトはこちら!


第10位 WashingtonPost

米国のワシントン・ポスト紙のWebサイトです。
ホワイトハウス関係や米国政府・議会の動向に詳しい傾向があります。

公式サイトはこちら!

感想

いかがでしたか?
昨今では身近な手段で、手軽に海外の情報も仕入れる事ができるようになりました。
経済や業界の行く末を見極めるため、常に各国のトレンドに対するアンテナを張っていきたいですね!
英語教材としても、ニュースサイト系は専門用語や硬い言い回しなどが多めなので勉強になります。

おすすめの記事はこちら!
https://top10.co.jp/entertainment_and_game/4339

関連記事

  1. 【ランキング】おすすめ新人Vtuberトップテン(第2弾)

  2. 【ランキング】第8回シンデレラガール 総選挙!L.M.B.Gで歌が欲しいアイドルトップテン

  3. 【ランキング】#Vtuberヤンデレ顔選手権トップテン

  4. 【ランキング】禁忌適正もランクイン!モンスト最強キャラトップテン

  5. 【ランキング】モンスト最強運極トップテン【追憶の書庫】

  6. 【ランキング 】#Vtuber丸メガネ選手権トップテン