米政府、中国政府機関に禁輸措置 ウイグル人弾圧に関与と

     
     

アメリカは7日、中国当局による新疆ウイグル自治区でのウイグル人弾圧に関連し、28の中国政府機関や企業への禁輸措置を発表した。今後は、米政府の許可なしに米企業から商品の購入ができなくなる。
米商務省によると、禁輸対象となったのは、「人権侵害や虐待行為に関与している」政府機関や監視機器の技術会社など、合わせて28の機関や企業。
複数の人権団体は、中国政府が主にイスラム教徒のウイグル人を収容所内でひどく虐待していると主張している。一方、中国側はこうした収容所は、過激思想に対抗するための「職業訓練所」だと反論している。…

記事を読む

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20191008_2_inter_1