究極のマウス選び!コスパも含めたランキングはこれだ!

     
     


マウスひとつで仕事の効率は劇的に変わります。
にもかかわらず、付属品を使い続けているというビジネスマンも多いのではないでしょうか?
もちろん、そのマウスが気に入っている、もしくは業務的に十分ということであれば問題はありません。
しかし、少しでも不満があるのなら、ぜひ以下でご紹介するマウスに目を向けてみましょう。

これまでに50個以上のマウスを触ってきた経験のある筆者が、2018年夏の段階でおすすめするマウストップテンをご紹介します。
なお、高級品ばかりにならないようコストパフォーマンスを意識してランキングを付けていますので、お財布にも優しいですよ!

1位:M590 MULTI-DEVICE SILENT Mouse

堂々の第一に選んだのはロジクール製マウスの「M590」です。

コストパフォーマンスに非常に優れ、平均で3,500円程度で入手できるにもかかわらず高スペックで、ボタン数も7つと十分です。
インターフェイスがBluetoothとUSBの二刀流が可能で、2台のPCに接続でき、かつそれぞれのファイルをコピー&ペーストして移動できる「Logicool Flow」は、アイデア次第でさまざまな用途が考えられるでしょう。

公式サイトはこちら
M590 MULTI-DEVICE SILENT
3,750円

2位:M-XGL10BB

満足度の高さが魅力となっているエレコム「M-XGL10BB」。

ポイントはなんと言ってもその握り心地です。
基節骨・母指球筋・中節骨・中手骨という、マウス利用時に負荷がかかりやすい箇所になじむ設計が突き詰められており、長時間の操作でも疲れにくいというのが最大の魅力と言えます。
普段からデスクワークが多い方には最適と言えるでしょう。

公式サイトはこちら
M-XGL10BBBK
6,200円

3位:Wireless Mouse M235

「低価格だけど十分な性能のマウスが欲しい」というニーズにしっかり応えてくれる製品です。

実売価格は1,000円前後とお手軽ながら、解像度は1000dpiという性能を誇る、USBを使ったワイヤレスマウスです。
自宅用は持ち歩き用に、サブのマウスが欲しいという方にも最適です。

公式サイトはこちら
WIRELESS MOUSE M235
1,600円

4位:BSMBW510M

バッファロー製マウス「BSMBW510M」の特徴は「つまみ持ち」「かぶせ持ち」「つめたて持ち」の3種類に対応できるフィット感の良いボディです。

接続はUSBで、単三のアルカリ乾電池1本で最大3年の使用が可能なのだとか。
重量も非常に軽く、解像度も1600dpiと高性能で、実売価格がかなり抑えられているという点が好印象です。

公式サイトはこちら
BSMBW510M
オープン価格

5位:WIRELESS TRACKBALL M570T

低価格ながらワイヤレスでボタン数5つという十分なスペックを持つのが、ロジクールの「M570t」です。
トラックボールの入門機としてもちょうどいいですし、ヘビーユーザーにとっても最適。

持っておいて損のない一台です。

公式サイトはこちら
WIRELESS TRACKBALL M570T
6,630円

6位:Sculpt Ergonomic Mouse

高い満足度を誇るマイクロソフトの「Sculpt Ergonomic Mouse」。

一度使ってみると想像できないほどの快適性を体感できます。
ポイントとなるのは製品名にもある「エルゴノミクス」という点。
操作時に腕が横向きになることで、辛くない体勢がキープできるのだとか。

公式サイトはこちら
Sculpt Ergonomic Mouse
5,980円

7位:MX MASTER 2S

使い心地が最高級の「MX MASTER 2S 」。

二段階に変化するスクロール部分は気持ち良く、使い続けているうちに癖になること間違いなしです。
そのほか、バッテリー内蔵型なのでmicro-USBで充電ができる点も魅力です。

公式サイトはこちら
MX MASTER 2S
12,880円

8位:Arc Mouse

スタイリッシュかつ軽量で、見た目からは想像できないほどの操作性が魅力となっているマイクロソフトの「Arc Mouse」です。
平べったい形状の本体をぐきっとアーチ状に曲げると電源がONになり、マウスとして機能するようになるという斬新なデザインです。

公式サイトはこちら
Arc Mouse
8,980円

9位:リングマウス MA-RING-WW

プレゼンなどのシチュエーションでは非常に役立つのがサンワサプライのリングマウス「MA-RING-WW」です。
こちらは名称のとおり、指にはめた状態で操作をするのですが、表面を親指でなぞったりボタンを押したりすることでさまざまな操作が可能です。

公式サイトはこちら
MA-RING-WW
7,400円

10位:M-CC2BRS

持ち運び特化という意味でもっともおすすめなのがエレコムの「M-CC2BRS」。

コンパクトで軽量な設計については、他の追随を許しません。
静音スイッチの採用など、外出先での利用をとことん想定した仕様に仕上がっています。

公式サイトはこちら
M-CC2BRSWH
6,200円


いかがでしたでしょうか。
PCを操作する上で、最も重要な役割を担うマウスです。

是非自分の使い心地にあったマウスを見つけ出して、快適なPCライフをお過ごしくださいね。

おすすめの記事はこちら!
https://top10.co.jp/it/3590

関連記事

  1. 【ランキング】2019年版:転職におすすめなサイトはどれ?求人募集サイトトップテン

  2. 【ランキング】2019年度版:ウェアラブルデバイストップテン

  3. 世界の利用者順でみる人気SNSトップテン

  4. 【ランキング】2019年版:ロボットが接客してくれる!?今後注目のロボットトップテン

  5. チャンネル登録数順!人気Youtubeチャンネルトップテン

  6. あれもこれも全部無料!!簡単・便利なHP作成サイトトップテン!