日米貿易協定発効へ 小売り外食歓迎、車は安堵

     
     

日米両政府が署名した貿易協定が発効すれば、米国産牛肉や豚肉、ワインなどの輸入関税が下がり、消費者には恩恵となる。小売りや外食業界などは歓迎し、米国による追加関税を回避できた自動車業界からも安堵(あんど)の声がもれた。一方、畜産農家には、安価な輸入品に対する警戒感も広がる。…

記事を読む

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20191009_1_eco_1