なぜ、コンビニのコーヒーは破格の「1杯100円」を実現できたのか?

     
     

コーヒーといえば、日本のカフェ業界を牽引してきたドトールとスターバックス。
この2強をはじめとして、ドトールの系列ブランドであるエクセルシオールカフェやカフェコロラド、いわゆる老舗喫茶店と呼ばれるルノアールやシャノアール、珈琲豆へのこだわりを強く感じさせる珈琲館、シアトル系カフェチェーンに分類されるタリーズやブレンズコーヒーなど、熾烈な競争が繰り広げられています。

さらには、サードウェーブコーヒーの代表格といえるブルーボトルコーヒー、マクドナルドのマックカフェも存在感を示しており、すでに市場は飽和状態に達しているように思われます。
それなのに、なぜコンビニ(コンビニエンスストア)は、あえて淹れたてコーヒーに参入したのでしょうか?…

続きを読む

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20190911_1_eco_2