懐かしの森永ラムネが大人や受験生に売れまくる理由

     
     

森永製菓の「森永ラムネ」といえば、1973年に“食べるラムネ”として登場して以来、いまも愛される身近なお菓子のひとつ。
「おなじみのラムネボトルを模した『森永ラムネ』のメインターゲットは、小さなお子さんがいるお母さんです。子どものおやつとして購入する“買い与えニーズ”は、いまも大きな市場でもあります。その一方で、5年ほど前から受験生やビジネスパーソンなどが自分用にラムネを購入する、というケースが増えていきました」…

続きを読む

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20190814_1_top_5