ロシアのミサイル実験場事故、基準値の16倍の放射線を一時示す

     
     

ロシア極北で先週発生したミサイル実験場での爆発事故をめぐり、連邦気象当局は13日、近隣の町で放射線レベルが一時は基準値より最大16倍まで上昇したと発表した。
ニョノクサ(Nyonoksa)実験場で8日に発生した爆発では、国営原子力企業ロスアトム(Rosatom)の科学者5人が死亡。同社は後に、5人が新兵器の実験に関わっていたことを認めた。負傷者も複数おり、病院に搬送された。…

続きを読む

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20190814_1_top_3