百日咳患者1万人超える 早めの受診呼び掛け

     
     

乳児が感染すると死亡する恐れもある百日咳(ひゃくにちぜき)の患者が増え続けている。国立感染症研究所が13日、4日までの1週間に新たに231人の患者が報告され、今年の累積報告数は1万110人に達したと発表した。成人がかかった場合は風邪などと見分けることが難しく、感染を広げる可能性もあるため、早めの受診が大切だ。…

続きを読む

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20190813_2_top_1