タニタの働き方改革「社員の個人事業主化」を労働弁護士が批判「古典的な脱法手法」

     
     

健康機器メーカーのタニタの社長がとなえる「働き方改革」が注目をあつめている。同社は2017年から、社員が「個人事業主」として独立することを支援する取り組みをはじめた。

日経ビジネス(7月18日)によると、タニタ本体の社員のうち、希望する人は、会社との雇用関係を終了したうえで、タニタと「業務委託」の契約をむすぶ。そして、独立直前まで社員として取り組んでいた仕事を「基本業務」として委託されることになる。…

続きを読む

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20190813_2_eco_2