超大型台風10号接近 降り始めからの雨量1000ミリ超のおそれも

     
     

超大型の台風10号は、14日から15日にかけて暴風域を伴って強い勢力で西日本に接近し、上陸するおそれがあります。猛烈な雨や風、しけとなるほか、降り始めからの雨の量が多いところで1000ミリを超える大雨となるおそれがあり、気象庁は早めの備えを呼びかけています。

気象庁によりますと、超大型の台風10号は正午には鹿児島県の種子島の南東500キロの海上を1時間に20キロの速さで北西へ進んでいます。
台風は今後、発達して強い勢力となり、14日から15日にかけて暴風域を伴って西日本に接近し、上陸するおそれがあります。…

続きを読む

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20190813_1_top_2