トランプ氏、相次ぐ北ミサイル発射で交渉機運維持に腐心 譲歩重ねる懸念も

     
     

【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領が北朝鮮による短距離弾道ミサイル発射を問題視しない立場を崩さないのは、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との非核化交渉の機運を維持し、来年の米大統領選をにらんで核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射などの挑発行為の再開を防ぎたい狙いがある。…

記事を読む

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20190812_0_inter_1