村田“因縁”レフェリーも余裕 2年前に不可解判定負け「逆に今回は安心」

     
     

ダブル世界戦の公式会見が10日、大阪市内で行われ、WBA世界ミドル級王者ロブ・ブラントと再戦する村田諒太は改めて勝利へ強い決意を示した。レフェリーは、17年5月に“疑惑の判定”で敗れたアッサン・エンダム(フランス)第1戦と同じルイス・パボン氏(プエルトリコ)が務めるが、それもプラスに捉え、王座奪還を目指す。
村田の表情が一瞬だけ曇った。エンダムとの第1戦と同じパボン氏がレフェリーを務めることを問われた時だ。 …

続きを読む

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20190711_2_top_5