広島、泥沼11連敗 交流戦終了後未勝利 緒方監督「勝って球宴休みに入りたかった」

     
     

現実は過酷だ。広島は8日の中日戦(ナゴヤドーム)に1―2で敗れ、1分けを挟む連敗は1999年以来20年ぶりの11に伸びた。1点優勢の8回に2番手・レグナルトが連続押し出し四球で逆転を許す自滅。もう1点が奪えない攻撃も響いた。借金5を抱え、4位で終えた前半戦。11ゲーム差の首位・巨人を止められるのか。早ければ球宴開け2戦目の16日にも自力優勝の可能性が消える。投打で立て直しが急務だ。…

続きを読む

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20190711_1_sports_4