後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く

     
     

75歳以上の後期高齢者の人には1人当たり年間約91万円の医療費がかかっている。このお金は何で賄っているのだろうか。
患者本人が病院窓口で原則1割の自己負担分を払う。残りについては、半分が税金、1割を後期高齢者の人たちが納めている保険料で、あとの4割は現役世代が負担している。これをさまざまな調整の仕組みを勘案して計算すると、現役世代は1人の後期高齢者に対して毎年、約35万円を「仕送り」していることになる。…

続きを読む

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20190711_1_eco_1