アイドル画像生成AIとNFTを使ったDapp A.I.dols Codebaseをオープンβリリース

     
     
株式会社ジーンアイドル(本社:東京 / 代表取締役社長 小幡拓弥)は、画像生成AI、音声合成AIにより、ユーザが自分だけの完全オリジナルアイドルを作り出すことができるA.I.dols Codebaseのβ版をリリースした。生成したアイドルはブロックチェーン上でトークン化され、運営サーバ上ではなくユーザ自身が保有したり、譲渡したりできる。
トークン化については、ICOVO AG(本社:Zug,Switerland/CEO 山瀬 明宏)が提供するトークンエコノミープラットフォームを使用しており、A.I.dols Codebaseは同社が手がける第一弾プロジェクトだ。

2019年6月2日にリリースされたβ版は、Ethereumのテストネット上で公開されており、無料で遊ぶことができる(https://gene-aidols.io/ )。β版で一定のテストが行われたあと、速やかに正式版として稼働開始する予定だ。正式版では、ETHやOVOトークンを使ってプレイする。

β版では、本物のアイドルと見紛うアイドル画像を生成する”コードジェネレータ”、アイドル同士を合成して新たなアイドルを生み出す”フュージョン”、アイドルの移籍や合成サポートができる”ロゼッタセンター”、”リンクスポット”などの機能が実装されている。

今後のアップデートにより、秋には各アイドルに独自ボイスとセリフ、冬にはアイドルのボディ、翌年にはアイドルとの対話機能が導入される予定だ。ジーンアイドル社は最新技術のプロダクト化をミッションとするテック企業であり、基礎研究の進捗に応じて、サービスは順次アップグレードされていく。

基礎技術を支えるのは、AIベンチャーの株式会社データグリッド(本社:京都 / 代表取締役社長 岡田侑貴)とブロックチェーンベンチャーのICOVO AGだ。Gene A.I.dolsプロジェクトは共同プロジェクトである。

A.I.dols Codebaseは、Gene A.I.dolsプロジェクトの第一弾プロダクトであり、プロジェクトの壮大な構想の入口に過ぎない。プロジェクトが目指すのは、ユーザーが自分だけのアイドルをプロデュースして実世界に”デビュー”させられるようにすること。アイドル達がユニットを組んでオリジナルソングを歌ったり、VTuberとして動画配信をしたり、ライブ活動で歌って踊ったりする世界観だ。VR/ARなどの技術も活用する。

第二弾プロダクトとして開発が進められているのは、アイドル育成ゲーム”Rosetta Stage(仮名)”だ。A.I.dols Codebaseのアイドルがトークン化されているという特徴を生かして、ブロックチェーン世界からゲームの世界にアイドルを”持ち込む”ことができる。Rosetta Stageのプレイヤーは、ブロックチェーンのことを意識することなく、持ち込まれたアイドルを”スカウト”して育成できる。そして一定周期で行われる”オーディション”に受かったアイドルは、先述の実世界デビューへのチケットを手にする。また、アイドルを持ち込んだオーナー、育てたプロデューサーには、成功の見返りが用意される予定だ。

このように、ユーザーが芸能プロダクションの立場となり、気 軽なスモールビジネスとしてリアルなアイドルマネジメントをさせられるようにして、ゲームの枠組みを超えたエンター テイメントサービスとして成長させる計画だ。 このことによって、エンジニアを中心としたブロックチェーン好きのユーザー層だけでなく、ゲームユーザー、アイドル好きのユーザーも楽しめるようになる。

なお、今回リリースされたA.I.dols Codebase β版は、以下から誰でも無料で体験可能だ。

https://gene-aidols.io/

<株式会社ジーンアイドルについて>
株式会社ジーンアイドル
代表取締役社長 小幡 拓弥
本社:東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル

<OVOについて>
ICOVOが発行しているERC20/ERC223準拠の暗号資産

<ETHについて>
Ethereum上のネイティブトークン。暗号資産の一種

<NFTついて>
Non-Fungible Token(代替不可能なトークン)。トークン1つ1つが別々の価値を持つ暗号資産

→元記事はこちらです。

→ニュースTOP10に戻る。

https://top10.co.jp/daily_news/20190610_2_it_2/